Splendour Forest

Splendour Forest

まあ劣勢である状況から覆せたというのは大きい事実なのだが、それでも謎の大地の大隆起、自分たちにとって有利な展開になったからと言ってその出来事、それを起こした人間が自分たちの味方であるかはわかっていない

そんな状態で現れた人間はその出来事に何らかの形でかかわっている可能性があると考えてもおかしくはないだろう

警戒して然るべきである

「俺はキアラートの貴族、アンデルク山にあるアンデルク城、そこに存在するアンデール領の貴族、公也・アンデールだ

今回のテイスピースにニネフォスが攻め込んできたことに対しての援軍だ」「……援軍?」「たった三人、しかも一人は子供?」「いや、待て、竜から降りてきたんだ……竜を含めて援軍かも……」 公也、フーマル、ウィタだけでキアラートの援軍であると言われても信用はし辛い

そもそも援軍とは考えづらいだろう

あなたも好きかも:鬼武者 パチンコ 保留
しかしその背後に存在する竜、メルシーネの存在がその言葉を若干補強してくれる

あなたも好きかも:mhw 装備 スロット
確かに竜がいれば援軍としては悪くないかもしれない

しかしそれでも人数的に明らかにおかしい

「援軍は俺たちだけじゃない

あなたも好きかも:グラセフ 5 カジノ ミッション
キアラートからも軍勢が送られているはずだ

ただ、俺は少々特殊な移動手段を持っているから先に来た

そちらの軍を統括する人物に会いたい

連絡を頼めるか?」「…………どうする?」「いや、どうするって言われても……」「俺たちだけでは判断できないだろ」「…………わかった! 上官に連絡してくる

暫しここで待っていてもらいたい!」 下っ端である兵士たちではどうにもできない問題である

なので公也にはここで待ってもらうように頼み、兵士たちが自分たちの上司に話を聞きに行く

一応公也は自分のことを示す時にキアラートの貴族と言っているのでそのせいもあって彼らも少々公也の扱いには慎重になっている