ライブカジノ 録画

ライブカジノ 録画

だがあの日、世界を照らすとの言葉では足りないほどの大きさになった紅月が、空という視界全体を覆いつくしていた

 折り返し地点があるとするのならば、そこなのだろう

 彼女が関わって来た多くの事件、二○五七年以降の物語には紅月がつきものだった

毎日のように巻き込まれ、首を突っ込んだ夜には必ずそこに存在し――そして二○五八年には、それが常時となって

あなたも好きかも:スロット 秘宝伝 クレア 天井
 限られた人しか出歩かなかった二十三時以降ではなく、十九時には発生するようになり、一般人ですらその姿を――吐き気を催すほど重苦しい紅月を、見ることとなった

あなたも好きかも:パチンコ 換金 早見表
 彼はそれが加速であることを知っていた

 物語に起承転結があり、結そのものが起なのはこの世の常――ならば、理由の如何を問わずしても、紅月の大きさや発生時間の差異は物語のような一連の流れに該当するのだと思い、ずっと気にし続けてきた

あなたも好きかも:パールズ・オブ・インディア
 紅月が魔力の塊であることを彼らは知っている

 呼吸すら意識せねば行えないような威圧感は紅月が大きくなるに従い強くなり、おぞましくもある魔力の濃度はまるで水中にいるような圧迫感を抱かせられる

それは個人が持つ魔力とは違い強すぎ、そして自然界にあるものとは根本から異なっている、人に対してひどく強制力のあるものだ

 かつて夜に降った雪によって魔法師が多く発生したのならば

 この紅月は人に魔術師としての覚醒を誘う

 強制的に第七器官と呼ばれる魔術回路に息吹を与え、肉体構造を変えてしまうほど強烈な変革を一方的に行う

だからこそ今では魔術などと口にしても、受け入れられる人間が大勢いた

 必要だったのだろう