地獄少女 宵伽 スロット パトランプ

地獄少女 宵伽 スロット パトランプ

「待ってっつーーーの、このガキィイイイ!!!お前、どういうつもりだっ!!!」 そこへ追い付いたバティストが、オスワルドの背中に飛び蹴りを喰らわせた

オスワルドは吹っ飛ばされつつも、華麗に受け身を取り着地する

なんだ叔父さん、俺は忙しいんだ!!」「どの口がほざくか!!!念の為聞くが、なんの用事があるってんだ!!!」 バティストはレストランの邪魔にならないよう、甥を引き摺り物陰に潜む

あなたも好きかも:ゴルフ スロットルバルブ
 あれは……乙女男子と噂されていたファルギエール先輩じゃないか…と、ジェルマンは思い至った

あなたも好きかも:スロット 番長 2 ゾーン
そっか、この2人は血縁か!と考えたところで、叔父と甥のやり取りに口を挟める訳もなく

あなたも好きかも:スロット オンライン抽選
「決まっているじゃないか、父上と母上に結婚の報告だよ!!あと兄上と義姉上と、それと友人達と…そうだ、ヴィヴィエ家にも挨拶に行かないとだな!! じゃなかった、まず求婚の文を送ってから…忙しくなるな!!」 と…オスワルドは屈託の無い笑顔を見せた

バティストはその顔に毒気を抜かれつつも…心を鬼にして、可愛い甥っ子に拳骨を落とした

「違うだろうがこの馬鹿っ!?まずお前は、ヴィヴィエ嬢に求婚をしたのか!!? 結婚…とまでは言わなくても、お付き合いしてくださいってちゃんと言ったのか!!?」「……………言わなかったっけ…?」「言ってねえぇーーーっっっ!!!!」「…………嘘ーーーっ!!?」 そう

オスワルドは先走りすぎていたのだった

その事に気付いた彼は顔を青くさせて、冷や汗を滝のように流し…見ていて哀れな程に狼狽えている

 どうしようどうしよう…!と半泣きになりながら、頼りになる叔父に助けを求める

バティストは額に青筋を浮かべながら大きくため息をつき………「今すぐ誠心誠意謝罪しろ!!そして今度こそ告白しろよ!」 と、レストランの中に蹴り入れるのであった

 その後ルネがオスワルドの求婚を受け入れるのに…3時間掛かりましたとさ

一見ルネがオスワルドを尻に敷くように見えるかもしれないけれど

実際はオスワルドがルネを振り回すのであった

「それで…ルネとファルギエールは正式に婚約を交わしたのか」「へえ…ルネさんが

それはおめでたいね〜」「ね!まあ、大変だったけど…」 お見合い騒動から数日後、わたしは皇宮に来ている

今日も女装をしてお出掛けの予定なので、行き先を話し合い中

 こういうの、事前に決めておくべきでは?と以前言ったのだが…当日話し合って決めたい!と言う少那の希望でこうなっているのだ