バカラ ベガ ハイボール

バカラ ベガ ハイボール

「私たちは、多少の耐性がありますから大丈夫ですが、あまり表に出すのは好ましくないですよ?」「だな

どうすれば抑えられるのだ?」 女神の加護を持っているシルヴィアとフローリアにとっては、いまの錫杖が放っている敵意くらいは大した圧力には感じない

 だが、そうでない者たちにとっては、あまり良い影響は与えないだろう

 シルヴィアとフローリアの言葉に、シュレインが若干慌てた様子で考助に詰め寄った

「ど、どうすればいいのじゃ?」 すでに錫杖はシュレインが儀式を行う上で、手放せない物になっている

あなたも好きかも:スロット ゴリラ 郡山
 ヴァンパイアの前で儀式を行うことも多々あるために、人前で出せないとなると困ったことになる

「いや、別に難しく考えることはないよ

あなたも好きかも:スロット 海物語 4号機
シュレインが抑え込めばいいだけだから」「抑え込む?」「うん

専門的には、調教するともいうけれど」 別に考助はふざけて調教という言葉を使っているわけではない

 実際に、道具の暴走を抑え込むことを「調教する」と表現しているのだ

 その言いように顔をしかめたシュレインだったが、考助が慌てて弁明したところで誤解は解けた

あなたも好きかも:パチンコ 21世紀 泉
 それはともかく、いまのシュレインは、無差別に敵意を放っている錫杖をどうにかしなければならない

「・・・・・・しかし、ちょ・・・・・・抑え込むといっても、の」 なにぶん、シュレインだけではなく、この場にいる全員にとっては初めてのことになる

 どうすれば、道具の暴走を抑え込めるかはまったくわからないのだ

 ついでにいえば、道具によって対応は多々あるので、助言することも不可能である

  首を傾げながらしばらく右手で錫杖をにぎにぎしていたシュレインは、高く持ち上げたりクルリと回したり、色々なことを試してみた

 だが、時折視線をシルヴィアとフローリアに向けても、返ってくるのは否定の首ふりだけだった

「・・・・・・・・・・・・どうすればいいのか、まったくわからんのじゃが?」 最終的には、困ったような顔になったシュレインは、助けを求めるように考助を見た