北 習志野 パチンコ コロナ

北 習志野 パチンコ コロナ

 やがて何にするのか決まったのか、シルフが近寄ってきた

「ご褒美は、神力がほしい!」「神力? そんなんでいいの?」「うん! 実は、いまの作業でたくさん力を使っちゃったから、もらえるならとても嬉しいの」「なるほどね

分かったよ

あなたも好きかも:結城友奈は勇者である スロット バグ
みんなに神力を分けてあげるよ」 シルフの言葉に納得の表情を見せた考助は、すぐに妖精たちに自分の神力を分け与え始めた

 このあと、満足げな表情で管理層に戻った考助が、シルヴィアたちに問い詰められてこの神域のことを話して全員に引かれることになったのは言うまでもない

あなたも好きかも:パチスロ 北斗の拳 設定変更
考助(妖精たち)が、またやらかしました

作ったときは考助は気付いていませんが、新しい世界を作ったのに等しいです

最後のいつものパターンで分かるかと思いますが、当然ながらシルヴィアたちは気付いていますw

考助が、というよりも妖精たちが作り出した世界に足を踏み入れたシュレインは、感心したように頷いていた

あなたも好きかも:品川 スロット イベント
「・・・・・・少なくとも来て見て触った感じは、本物の自然そのものじゃの」「まあ、妖精たちの力を借りているんだから、あり得なくはない・・・・・・かな?」 考助がまたやらかしたと聞いて様子を見に来たコレットが、シュレインの言葉にエルフらしい視点で答えた

 エルフたちの中で一般的に知られている常識では、妖精が自然そのものを司っていることになっている

 そこから考えれば、考助が従えている妖精たちがこの自然を作り出したといわれても不思議ではない

 ・・・・・・ないのだが、やはり常識から考えて自然そのものを作り出すというのは、あり得ないことなのだ