パチンコ 天国 三重 店

パチンコ 天国 三重 店

 新しい身分については追って沙汰を出しますので、大祭の準備に集中してね」運転席で緊張しているチョビ髭の武士にそう告げてお姉さんたちに「さ、新しい国主の私達を早く案内しなさい」と言いつけ、慌てたお姉さんたちが形の良いお尻を左右に振りながら電飾が瞬いている中庭から、城内へと俺たちを誘っていく

桃色の内壁と、派手な電飾に彩られた城内に入る

ロウタはお姉さんたちを見ていると鼻血が止まらないのでとうとう後ろ向きに歩き始めた

すれ違うメイドたちは皆、お姉さんたちと同じような面積の少ない水着姿で俺たちに頭を深く下げてくる

あなたも好きかも:おもちくん パチンコ
顔が赤いのは、やはり着慣れていないからだろう

「……美射……」「なによー

いいじゃないのー

 但馬のための桃源郷を作ったのよ? この城の機械技術は他国に持ち出し禁止にしてー タジマ国自体も、出入りは厳しくしてるんだからー」「……」桃源郷と言うか、どっちかというと地獄である

あなたも好きかも:スロット 北斗転生
他人に迷惑かけまくって、わざわざ恥ずかしい外観のラブホ城に入場するくらいなら何も無い方がまだ遥かにマシな気がする

俺が黙って居るとロウタが後ろ歩きをしながら「こ、ここ、どんな国なんですか?」と尋ねる

あなたも好きかも:ダニ村 スロット
美射は笑って「とりあえず、お部屋に入ってからにしましょ」お姉さんたちは、そのまま一階の奥の大部屋へと俺たちを連れて行った

大きな扉を潜ってその大部屋に入ると唖然とする

幾つものシャンデリア風の照明に照らされたその下にはありとあらゆる

形容したくない……というか形容すると色々と終わってしまうような大人の玩具やら拷問具みたいな大型の器具が勢ぞろいで並べられている

ファンシーな模様の床のど真ん中には、ハートの形をした大きなベッドまである

「こ、これ……何に使うんすか……」「もちろん、但馬が使うのよ