パチンコ 負けにくい機種

パチンコ 負けにくい機種

 主体も主語も前文で述べているのなら省けます

あなたも好きかも:パチンコ ラムクリ 店
 もしこの前に「読子が長髪の襟足をかき上げた

」と書いてある場合は「彼女が」も省けます

―――――――― 読子が長髪の襟足をかき上げた

そのなにげない仕草に釘付けになる

あなたも好きかも:したらば スロット
好きだと思った

―――――――― 最初のうちは省くことで心許ないと思います

 ですが小説では省けるものは徹底して省きましょう

 そのほうが物語を綴る文字数を稼げて、より「描写」が入れられるようになります

連用修飾の連鎖を断ってさらに主語を省く「光はほのかに青く冴えわたって輝いている

」は連用修飾の塊です

「ほのかに」が「青く」を、「青く」が「冴えわたって」を、「冴えわたって」が「輝いている」をそれぞれ修飾しています

 ここまで連用修飾が続く文というのは普通に考えるとなかなかお目にかかりません

 でも小説の場合は「どれだけカッコいい文章を書けるか」を意識するものです

 だからこんなに連用修飾が続くことが生じます

 これを適度に連用修飾の連鎖を断ち切っていきましょう

―――――――― 光はほのかに青く輝いている

光は冴えわたっている

―――――――― とすると「光は」が二回出てくるのです