オンラインゲーム 弱い

オンラインゲーム 弱い

あなたも好きかも:北斗無双 パチンコ セグ
 モンスターの対処は、基本的にナナが暴れまわって終わるのだが、シュレインやフローリアも活躍している

 そうした考助たちの活躍を見るたびに、ゼントは先ほどの台詞をこぼすのである

あなたも好きかも:履歴書 志望動機 パチンコ
 そもそも今回の移動は、いつもと同じような間隔でモンスターに襲われているが、隊にはほとんど何の影響も受けていない

 それがゼントにとっては、あり得ないくらいの結果なのだ

 勿論ゼントは、考助たちがAランクであることを承知したうえで雇っているので、この結果は予想できるのだが、それでも感嘆の言葉は止められないといったところなのだろう

あなたも好きかも:バスタード パチンコ ラッシュ
 ちなみに、巡礼隊の馬車の中にいる聖職者たちも、戦いが起こるたびにナナたちの活躍を目を丸くして見守っていたりする

 なんだかんだで、今回も巡礼隊には特に被害も出ることはなく、モンスターの襲撃をやり過ごすことができた

 そもそも出てきているモンスターがさほど強くないため、考助たちにとってはどうということのない相手なのだ

 ただ、ゼントが考助たちを称賛している理由は、単にモンスターに対して余裕を持って勝っていることだけではない

「それにしても、相変わらず片付けるのがはやいな」 モンスターに遭遇している回数はいつもと変わらないが、それを処理している時間は圧倒的に早い

 それが巡礼隊にとっても何よりの安全になるのだ

「そうですか?」 自分たちが圧倒的速さでモンスターを片付けているのは知っているが、考助は敢えて知らないふりをして首を傾げた

「ああ、この分だと下手をすれば前の隊に追いつく・・・・・・というのは大げさだが、大分詰めていると思うぞ?」「いいこと・・・・・・なのですよね?」「それは勿論」 さっさと街道を通り抜けて次の町に入ることができれば、それだけモンスターと遭遇しないということになる

 いまのところその効果はあまり出ていないようだが、それはあくまでも結果論でしかない

 長年巡礼隊の隊長を続けて来たゼントには、それがよくわかっていた

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦ 倒したモンスターの処理を行いある程度巡礼隊が進んだところで、考助がゼントに話しかけた

「ところで、後ろのは放置していてもいいのですか?」 考助が後ろと言ったところで、ああという顔になったゼントは、少しだけ苦い顔になって頷いた

「まあ、この隊は巡礼隊だからな