windows パチンコ

windows パチンコ

それでも普軍は攻撃の手を緩めず、旅団将兵は猛烈な銃撃を冒して高地麓を南西へ流れる小川を渡り、小林を抜けて走っていたイイ~フロアン街道を突っ切り、更に高地斜面の裾野部分を占拠するのでした

 この時、普第46連隊F大隊は右翼(南西)となり、普第6連隊第2大隊はその左(中央)に、同連隊F大隊は左翼(北東)に連なり、第1大隊は予備となって街道脇に留まったのです

セダン・パノラマ#4 732高地から720高地を見る この普第19旅団の戦線と、フロアンから732高地尾根へ突進する諸隊との間は、812高地尾根で砲列護衛を行っていた諸隊が埋めることとなります

 「セダン・チャージ」前後に動き出したこれら部隊の内、普第87連隊第2中隊はいち早く行動を起こし、騎兵が去った後も仏軍歩兵の攻撃に晒されていたフロアン東郊外の墓地に向け行軍し、墓地に群がる仏軍歩兵を急襲して蹴散らしました

 普第88連隊第1,4中隊と普第94連隊第1大隊と第2大隊の3個中隊(第5中隊は732高地で砲兵援護)合計9個中隊は、フォン・ゲルスドルフ中将の負傷後送で第11軍団の指揮を代わった第21師団長、ハンス・フォン・シャハトマイヤー中将の命令によって812高地の林を出発します

あなたも好きかも:町田 パチンコ 2ch
 この集団は第94連隊長ユリウス・アントン・カール・フォン・ベッセル大佐が率い、そのまま開けた高地東斜面を下りましたが、対面する720高地尾根から猛銃砲火を受けて少なくない犠牲を出してしまいました

あなたも好きかも:パチスロ ゴッド イーター キャラ
その際に乱れた隊列を整えると、部隊はフロアン東郊外へ進み、ここでフロアン川を渡りましたが、前進中にベッセル大佐は両足に銃弾を受け、重傷を負って後送されてしまいました

 普第19旅団が対する720高地尾根には、未だ侮れない数の仏軍歩兵が潜んでいました

彼らは仏第7軍団第3(デュモン少将)師団の残兵と、同第1(コンセイユ=デュームニル少将)師団の一部と思われますが、昨日から掘り続けた散兵壕二列を頂上尾根と北西側斜面に設え、これは砲撃にもよく耐えて手強い銃撃拠点となっていたのです

 普軍側は集中射撃で仏軍の頭を下げさせると、一気に斜面を登り始めますが、仏軍もまた激しい銃撃でお返しをしました

正に弾雨の中を這うように前進することとなった普軍側は短時間で多くの兵士が負傷脱落し、少数の者が指揮官と各大隊旗の下に集合して、少ない遮蔽物を伝ってじわじわと頂上目指し登るのでした

 この前線左翼(北東)側では、普第6連隊第2大隊長パウエル少佐が率いる集団が、逆襲に転じて高地上から突撃して来た仏軍歩兵を迎え撃ち、必死の銃撃で辛うじて敵を退けます

その後、幾度かの攻防戦の後、少佐と隊は尾根の散兵壕へ突入し、この間に同連隊第1大隊は少佐の側面を援護するため最左翼へ進むのでした

 この攻防戦では、フレニューの南に陣を敷く普第5軍団の軽砲第6と重砲第6の両砲兵中隊が放つ榴弾砲撃が、大きな効果を上げて歩兵の攻撃を援助し、普第6連隊が確保した高地上の散兵壕は激しい銃撃戦によっても奪回されず維持されました

しかし、早朝から遠距離の行軍に続く激戦で疲れ果てた連隊は、後方に多くの負傷兵や落伍兵を置いたまま前線の兵員数は全く不足し、そのため銃撃に勢いを欠いた前線では損害が相乗的に増えてしまい、パウエル少佐もまた負傷して後送されてしまうのでした