シグナル パチンコ

シグナル パチンコ

「「う、ウガァ────!?」」「…………な……?」 突然の激痛と出血により、二人のチンピラは倒れて辺りには真っ赤な血が巻き散る

 それを見たライは若干引いていた

それは腕が吹き飛んだ事もあるがそれだけでは無く、躊躇無く腕を消し飛ばした目の前の者に対してだ

「おっと……悪いな……子供のお前にこんな光景を見せたらビビっちまうか?」「……!」 そして、その男が顔を上げる際に作った笑顔を見てライは警戒を高める

あなたも好きかも:カジノ 名前
 ライの意志が、本能が、"コイツはヤバい"とそう告げていたからだ

「ッハハ……そう警戒しなさんな

お客さんにゃ俺ァ優しいよ?」「……アンタ…………」 ライは警戒しつつ、その者の話に耳を貸す

あなたも好きかも:スロット デビルメイクライクロス 音量
 そしてその態度と様子を眺め、ライの推測は徐々に確信へと変わっていく

 一瞬にしてチンピラの腕を消し飛ばした速さ

そしてその血液、つまり返り血を一滴も受けていない

それのみならず、その佇まいなどからそう推測していた

 そう、この者は──「……この街の幹部かい?」「……! ……ほう? どうして?」 ──この街"イルム・アスリー"の幹部という事

そんなライの言葉を聞き、片眉をピクリと動かして反応するその男

 しかしその表情は心なしかニヤニヤと嗤《わら》っているような感じだ

「どうしても何も……『俺が危うく見過ごしそうになった程の攻撃』を放てる奴なんて限られているだろ……? ……まあ、アンタからしたら俺は誰だよ……って感じだけどな」 その者の攻撃は、常人ならば目に見で追えない程のモノ

しかしライは自分は見切れたと、自身の実力を伝えるかのように言う

「ハハ、成る程な……

確かに俺からしたらお前は誰か分からねェが……中々の実力者ってのは理解した

『俺の攻撃を見切った』んだからな」 その男は不敵な笑みを浮かべ、も自身の実力を誇りに持っているようライに返した