ダンボール パチンコ

ダンボール パチンコ

それでも、貴族に逆らうことはできないのか、困ったような、気持ち悪そうな顔のまま、料理を続ける

わたしのスープ作りを横で見ていた昔の母と同じような顔だ

「エラ、スープの灰汁取りをお願いします

フーゴ、ポメソースが煮詰まってきたので、リーガとそこの油を加えてよく混ぜてください

それでソースは完成です

あぁ、そろそろ生地が良い頃合いですね」 次々と飛んでくる指示に対応し、フーゴは発酵して膨らんだピザ生地のガス抜きをして、生地を半分に分けて、伸ばす作業に移る

「丸く広げた生地の上に、出来上がったポメソースを塗り、ここの具材を乗せてください」 フランに言われるまま、フーゴはポメソースを塗って、ベーコン、玉ねぎ、茸を乗せた

あなたも好きかも:ルーレット 作り方 ダンボール
もう一つの生地にはポメソースを塗って、胸肉と玉ねぎ、ハーブを乗せる

あなたも好きかも:ミスターマリック パチスロ
そして、両方にチーズをたっぷりとかけたら、オーブンに入れる

 その様子を盗み見るようにエラがじっと見ている事に気が付いた

コリンナと裁縫の話をしていたトゥーリや新しいレシピを前にしたイルゼと同じような向上心に溢れた強い目に、わたしは心の中でこっそりとエールを送る

 時間があれば、マヨネーズを作って、ポテトサラダならぬカルフェサラダまで作りたかったが、初めての厨房で、作ったことがない料理を貴族に見られながら作るという緊張する状態では、予定通りにいかなくても仕方ない

フランにこっそりと料理の品数を減らすサインを出すと、フランは小さく頷いた

あなたも好きかも:吉川 パチンコ 営業
「スープがよく煮込めたようなので、少し味を見て、塩の味を調節してください」 フランの言葉にフーゴが小皿にスープを少し取って、恐る恐る口を付けた

口に入った瞬間、目を見開いて固まる

ゆっくりと味わうように舌の上で転がしていたのか、ゴクリと嚥下するまでに少し時間がかかった

「……何だ、これ?」 小さな呟きと共にもう一度すくって味見

 さらにもう一度