サクラ大戦 熱き血潮に スロット フリーズ

サクラ大戦 熱き血潮に スロット フリーズ

「言わなくていい……

あなたも好きかも:貧乏家族 パチンコ
言ったところで、どうなるものでもないから……

 無駄に心配かけるだけだし……」 ハインにだって、夢の中のことをどうこうできはしない

 ただでさえ手の掛かる主人にてんてこ舞いなのに、これ以上手を煩わせたくない

「レイシール様は、周りに気を使い過ぎます

 ハインさんは……うなされている貴方に気付かないまま眠る方が、嫌だと思いますよ」「だからって、一緒に起きていられてもな……

 あいつはただでさえ自分の生活犠牲にし過ぎてるんだ

これ以上は嫌だよ」「なら、内緒にしますから、私には、おっしゃってください

 それ以上は、譲りません」 寝台に身を起こした俺の横に、しゃがみこむように座ったサヤが、また上目遣いで見つめてくるものだから、俺は自分の顔を手で覆った

あなたも好きかも:パチンコ キングオブキングス 高殿
その顔は反則だ……ほんと、やばいから、やめてください……

あなたも好きかも:阪神 パチンコ
変な気起こしてしまったらどうするんだ……

 ◆「幼い頃の夢を見るんだよ……

 川か、湖に向かって母と歩いて行く夢なんだ」 根負けした俺がそう口にすると、サヤはまだ警戒を緩めていない顔でこう切り返して来た

「それだけなら、怖くもなんともないはずですよね