サンリツ パチンコ

サンリツ パチンコ

 音が、遅れて聞こえてきた

空間転移が終わり、まず最初に目の当たりにしたのは、視界を覆う土壁であり、土柱が乱立する奇妙な光景だった

塔の中に転送されたはずだというのに建物の内部に相応しい景色ではないのはどういうことかと視線を巡らせても、答えが見つかるはずもない

あなたも好きかも:スロット 無双オロチ 機械割
どこまでも続く大地の上、無数の土柱が聳え立ち、前方には土壁が遙か頭上まで伸び上がっていることがわかっただけだ

「これが八極大光陣ってわけ?」 ミリュウは、怪訝な顔になるのを自覚しながらも、それ以外に考えられないという事実に行き当たり、目を細めた

あなたも好きかも:パチスロ ルパン三世 不二子
それから、皆の無事を確認する

ミリュウとともに作戦に当たるのは、ダルクスと五百名の帝国武装召喚師だ

いずれも無事なのは当然のことだが、それでも確認せずにはいられなかったのは、転送された先が予期せぬ空間だったからだ

 塔の中を想像していた

 塔の外観は、一度見ている

あなたも好きかも:life is paradise スロット
白く輝く塔の内部が彼女が想像したものとまったく異なることそのものはよくあることだ

建物の内部と外観が結びつかない事自体は、めずらしいことでもなんでもない

しかし、建物の内部に広大な大地が横たわり、水平の彼方まで続く空が広がっていることは、通常、ありえないことだ

空間がねじ曲がっている

「ラミューリン様が転送先を間違うとは想えませんが」「わかってるわよ

だから、ここが塔の中、なんでしょうけど」 帝国の武装召喚師からの意見に耳を貸しながら、ミリュウは、警戒心を全開にしながら再び周囲を見回した

ここが塔の内部、つまり八極大光陣のひとつというのであれば、どこかに使徒がいるはずだ

八極大光陣を司り、ミリュウたちが斃すべき使徒が、どこかに潜んでいるはずなのだ

 ダルクスや武装召喚師たちも索敵を開始する中、ミリュウは、土柱の森とでもいうべき空間に聳える途方もなく巨大な土壁に注目した