パチンコ 中津 強盗

パチンコ 中津 強盗

 最近のライトノベルは「恋愛(友情)・努力・勝利」のうち「努力」を必要としない「俺TUEEE」「チート」「主人公最強」な主人公を据えることが多くなりました

 しかしこの流れは『週刊少年ジャンプ』も同様です

 藤巻忠俊氏『黒子のバスケ』の黒子テツヤに火神大我、古舘春一氏『ハイキュー』の日向翔陽に影山飛雄など元から才能のあった人物が「友情」でチームと噛み合うことによって「勝利」を目指す形になっています

 近年スパルタ教育が「パワハラ」認定されることが多くなり、スポーツ部も尋常ではない量の練習を選手たちに課すことができなくなってきたのです

 だから「勝利」するためには「元々能力が高かった」選手の物語になるのは自明なのかもしれません

 その点ではマンガ・堀越耕平氏『僕のヒーローアカデミア』はスパルタ教育を是とする、近年珍しい「スポ根」ものと言えるのではないでしょうか

あなたも好きかも:町田 パチンコ エルグラン
最後に 今回は「改めてテーマとはなにか」について述べてみました

 文学小説の「哲学的な命題に対する書き手の答え」、大衆小説の「なんのために行動していくか」、ライトノベルの「恋愛(友情)・努力・勝利」や「楽しめる」

 ざっくりと分ければこのようになります

 文学小説に「ワクワク・ハラハラ・ドキドキ」は要りません

 しかし大衆小説・ライトノベルには「ワクワク・ハラハラ・ドキドキ」があったほうがいい

 高尚さをどこまで追い求めていくかが文学小説の存在意義になります

あなたも好きかも:入院 外出 パチンコ
 だから「ワクワク・ハラハラ・ドキドキ」を感じさせるのは邪道です

 芥川龍之介氏『羅生門』『蜘蛛の糸』、川端康成氏『雪国』を読んで「ワクワク・ハラハラ・ドキドキ」しましたか