オメガ 京都 パチンコ

オメガ 京都 パチンコ

 二つの頭の間に乗り、左の頭にしがみつきながら、思いっきり噛み付く

 獣人の噛む力は強く、酷く頭を振って抵抗するが、オウラは意地でも離さない

 その勇敢な姿に触発されないわけがない

「さっさとやられっちまえよ! 狼野郎があぁあっ!!」 ズバァッと見事に胴体が真っ二つになると、さすがにワーウルフも動きを止め、そのまま地面に転がり、上半身にいたオウラも地面に叩きつけられる

「あだっ!?」「おいおい

大丈夫か?」「へへっ、おう!」「ったく……無茶しやがって……」 バークは握り拳を作り差し出すが、意図が読めないオウラは、不思議そうにジッと見る

「知らないのか? お前も作れよ」 オウラはその通りに拳を作ると、バークがコツンと拳をぶつける

あなたも好きかも:スロット 純増8枚
「やったな!」「お、おう

それで、これは……?」「男の挨拶だ

友情の証な」 オウラはそのぶつけられた拳をジッと見ると、嬉しそうに笑う

あなたも好きかも:太田 スロット店
「男の……友情の証!」「どうだ? カッコイイだろ?」「馬鹿やってんじゃないわよ、まったく……」 その様子を見ていたサニラは、呆れた様子で茶々を入れる

「無事そうだな」「ちょっと驚いただけよ

それと……」 サニラはオウラの頭をげんこつ

「あだっ!? な、何すんだよ!? 姉ちゃん……」「子供があんな無茶するもんじゃないの! さっさとあの娘(こ)を連れて離れてれば良かったのに……」「ま、まあまあ……」「ああっ?」 サニラの迫力に男二人はたじたじ

「確かに私達が協力させちゃったけど、一番に考えるは自分の身の安全よ

それができないなら、大切なものは守れないわ」「!」「貴方が大怪我したり、最悪、死んだら悲しんでくれる人がいるでしょ? 自分も守れない人が、他人を守れるわけないじゃない! わかった!?」 オウラの目から涙が溢れ出てきた

「へ?」「ほらぁ〜、これだからお前は怖がられるんだよ」「ばっ、馬鹿なこと言ってんじゃないわよ! 私は――」「違うんだ! 兄ちゃん! オレ……嬉しいんだ」 オウラは止まらない涙を拭いながら、思いの丈をぶつける