カジノ 荒稼ぎ

カジノ 荒稼ぎ

「じゃ、行こうか

ミラちゃんはもう準備出来てるよ」「………………な、なんだって…………ッ?」 ほんと、驚いたよ

と、そう言ってマーリンさんは困った顔で僕の手を引いた

僕にはもう荷物なんて無い

共有の財布はもう空っぽ

魔力を失った短刀も、ホルスターに括り付けてあったから一緒にどこかへ行ってしまった

魔弾はもう惜しくない、いや……全然惜しいけど

あなたも好きかも:真・北斗無双 パチンコ 設定
でも……きっと、あの短刀は……「……謝んないとな」「そうだね、謝ってあげて

あなたも好きかも:どこパレ スロット 攻略
それから許してあげて

あの子はきっと、君が自分に腹を立てていると勘違いしてるだろうから」 僕がミラに、ね

腹を立てるどころか申し訳無さで一杯だ

きっとあの短刀……あの魔具はミラが作ったものじゃ無い

いつも聞こえていた言霊の声の主、彼女よりも更に高位の魔術師

そんなの、もう一人しかいないじゃないか

あれは……地母神様の——ミラのお姉さん、レアさんの作った魔具だったんだ

大切な家族との思い出の……レヴから貰った記録としての思い出だったとしても、アイツの大事な宝物

ああ……やっぱりもう一度探しに……「…………っ