スロット 再認定

スロット 再認定

(倒すべき敵) 獅子神皇

 セツナは、獅子神皇と呼び、レオンガンドの名は極力用いなかった

レオナへの影響を考えてのこともあるだろうが、それ以上に自分のためでもあったのかもしれない

あなたも好きかも:クロスバレット パチスロ
 神々や獅徒を用いるだけでなく、神人や神獣をも運用し、犠牲を厭わない獅子神皇のやり方は、レオンガンドのそれではない、と、暗にいいたいのだろうし、明言してもいた

獅子神皇は獅子神皇であって、レオンガンド・レイ=ガンディアそのひとではないのだ、と

あなたも好きかも:ブック・オブ・デッド
 セツナにとっても、レオンガンドほど尊崇する人物はいないのだ

彼にこの世界での道を示したのは、レオンガンドであり、レオンガンドと出逢ったことで、セツナは自分の生き方、生きる場所を見出したという

そして、ルウファはセツナとの出逢いによって、レオンガンドに繋がることができたのだから、数奇なものだ

 ひととひとの邂逅が、新たな出逢い、結びつきを生み、絆を作り、縁を編んでいく

 いま、彼がこうして空飛ぶ船の甲板に寝転がっていることもまた、ひととひとの絆と縁によるものだ

あなたも好きかも:スロット 岡山駅
 もし彼がセツナと深く関わるようなことがなければ、“大破壊”によって命を落としていたに違いないのだ

少なくとも、リョハンに流れ着き、そこで守護天使などしてはいなかっただろう

 戦女神の守護天使は、かつて四大天侍と呼ばれていた

“大破壊”の直前、四大天侍のひとり、マリク=マジクが神としての本性を現し、三大天侍となったが、それも一時のことだ

“大破壊”が起きた直後、ルウファたちがリョハンに辿り着き、ファリアが二代目戦女神となると、ルウファ、ミリュウ=リヴァイア、アスラ=ビューネル、グロリア=オウレリアの四人が守護天使に選ばれた