スロット 百花繚乱 天井

スロット 百花繚乱 天井

夢の中だけで手一杯だと、そう思っていたし、母の何を聞いても、気に触るだけだと分かっていたから

あなたも好きかも:五反田 スロット マーメイド
 それにしたって、ディート殿に、母が声を掛けただなんて……俺と変わらぬ年齢だから気になっただなんて……とんだ茶番だ

 人の記憶は美化されると言うけれど、母の中の俺は随分とすり替わっていたものだと、そんな風に考えてしまって、母を悪く考えねば気持ちが収まらない、そんな子供っぽい自分にも嫌気がさした

「……考えたって、しょうがないだろ……」 思い出したくないのに、溢れてくる過去のことを、頭から振り払う

 考えたって仕方ない

母は、もうこの世の者ではないのだ

過去は変わらない

 あの時、何を思って死のうとしたのか、俺を巻き込もうと思ったのか、その心境は理解出来ないし、したいとも思わない

あなたも好きかも:ブラックジャック 覚える
 なかったことにしたまま、十年過ごして、勝手に逝った

もうそれで良いじゃないか

それ以上は知りたくない

 だって事実は変わらないのだ

母は俺の死を望み、それが叶わず、俺から離れた

それだけだ

 それが全てだ

 ◆ なんて懐かしい光景だろうか

 はじめに思ったのは、そんなこと

 小さな家の、食卓の上に、俺は木切れを積み上げて遊んでいた