ぱちんこ 御殿場

ぱちんこ 御殿場

というか、男は俺をそのままにしてくれるのだろうか……

明らかに敵意をもっているので、どこかへと連れ去るかもしれない

悩んでいると、バーナエルがダンディな声で"余計なことかもしれませんが……"「なんでしょうか……」"風神様は、その現地のヴィジョンに直接干渉できることをお忘れでしょうか"「……もしかして……風を起こして、男を……」"ええ、はい

守護範囲と、風の妖精達が活動している範囲ならば 風に寄る干渉が可能です"「やりかた教えてくれない?」即座に俺はバーナエルに教えを乞うことにした

あなたも好きかも:ノート パソコン メモリ スロット
ものすごくずるいが、明日の結婚式を開催するためである

背に腹は変えられない

"そうそう、現実世界の手でかき混ぜる感じですね"たぶん二度目の風の神の能力講習をバーナエルから受ける

映像の中に直接手を入れるイメージで、男の頭上で手の形をグーにしてかき混ぜるという感じでやると男の周囲の大風が起こり、周囲に誰も居なくなった鉄柵がギシギシと揺れる

あなたも好きかも:vpurika
だが男は黄金の手刀を構えたまま、微動だにしない

この程度の風速では効かないらしい

「なかなか手ごわいな」"周囲に人も居なくなったようですし、全力でやったらいかがですか?"「全力……?」"ええ

試しにそこら中の風を四方から竜巻にして当てて みてください"「……だいじょぶなの?」"皆、逃げ去って無人ですし、問題ないと思いますよ

 映像の中に四本の手足全て突っ込んで、ジタバタする感じで"「こうかな……」言われたとおりにやってみると男の周囲で四つの竜巻が巻き上がり微動だにしない男へと四方から迫る

灯火も全て消えたが、暗視スコープのような視点に切り替わって真っ暗なその状態でも見るにはまったく問題ない

神様の力こえぇえ……

「これ……死ぬんじゃない?」男の身体がどの程度頑健か知らないが普通の人ならば空へと巻き上げられて終わりだろう

"私の予想が当たっていれば、恐らく大丈夫かと……"バーナエルは落ち着いた声でそう答えたので、俺は四本の竜巻に飲み込まれて見えなくなった男を見守ることにした