パチンコ カウンター装飾

パチンコ カウンター装飾

「ま、待って先輩!! オレもオレも!!」 足を滑らせながら追い掛ける

三人の背中を見送って、みんなは顔を見合わせた

「……、どうしたんだあいつ?」 立花が、同じように訝しげでいる反町に訊いたた

「なにかあったのか?」「……いや

オレは何も聞いてないけど……」「朝はなんともなかったんだろ?」「ああ

普通だったよ」「変なことしたんじゃないでしょうねっ?」 華音にギロッと睨まれ、「おまえと一緒にするな」と反町は目を据わらせる

その傍で洋一はため息を吐いて腕を組むと、目線を上げて空を見つめた

「けど……、マジでおかしいな……

あなたも好きかも:カジノ チップ 販売 店
つぅても、今までとは全然違う気がするし……」「今までって?」「ほら、厄介なことが起こるとか、やばいことが起こるとか、……さ」 白川が首を傾げて問うと、洋一は空を見上げたままで呟くように答えた

あなたも好きかも:那珂市 パチンコ
「そういうのを……感じてるような雰囲気じゃない

今までとは、ちょっと違うんだよな……」 自問自答しているような彼に、大介と一平は「?」と顔を見合わせる

洋一は「うーん……」と空を見つめ、のんびりと流れる雲を目で追った