パチンコ 本当に あっ た 話

パチンコ 本当に あっ た 話

では、力はどうなる

器を抜け出し、新たな器を探し求めるは必定」 アズマリアの説明を聞いて、セツナとクオン以外のだれもが焦りや驚きを覚えていた

セツナは、実感として理解していたし、クオンもこうなることがなんとなくわかっていたのだろう

 獅子神皇の打倒が、最終目的ではなかったのだ

 最終目的は、聖皇の力の抹消

 この世に混沌たる破滅をもたらす聖皇の力を完全に消滅させることこそ、セツナたちに課せられた使命なのだ

「ちょっと待って

それってつまり、また新たな獅子神皇が現れるってこと?」「このままだと、そうなる」「そんな……」「だから、俺がいるんだろ」 セツナは、ミリュウたちの狼狽ぶりを見て、力強く断言した

「え……あ、ああ、そういうこと……」「なるほど、隊長と黒き矛はそのためだったってことか……」「驚かせるなよ、まったく……」「ふー……またあんなのと戦う羽目になるかと思ったじゃないっすか」 胸を撫で下ろす面々を見て、セツナは、小さく笑った

あなたも好きかも:スロット ジャックポット 確率
 さすがに獅子神皇と同等の力を持ったものともう一度戦うのは、だれだって嫌だろう

あなたも好きかも:パチンコ しだかい
なにより、皆、疲れ果てている

消耗し尽くし、立っていることもできないものさえいる

こんな状況で、聖皇の力の継承者が現れ出もしたら、全滅しかねない

 クオンだって、これ以上は神理の鏡の力を酷使することは困難だろう

 もはや、だれも戦えないのだ

 セツナくらいかもしれない

 まだ、多少なりとも余力を残しているのは

「というわけだ