リベレーションズ スロット スルー

リベレーションズ スロット スルー

あなたも好きかも:バジリスク2 パチンコ
芋蔓式に「フェルディナンドに隠し部屋を与えるように」と命じたトラオクヴァールのことを思い出し、更に不愉快になる

 ……「葬儀で訪問した際には王命が実行されているか確認する」ですって? 婚約者として滞在しているフェルディナンドに隠し部屋を与えろ、などと非常識な命令をしてくるトラオクヴァールは、王位につけておくのも不安な程に頭がおかしくなっているようだ

一刻も早くディートリンデがグルトリスハイトを手に入れて、正当なツェントにならなければ、ユルゲンシュミットはきっとグルトリスハイトも持たずにツェントになった無能な王のせいで滅んでしまうに違いない

 ……もう本当に何ということでしょう

わたくしの肩にユルゲンシュミットの未来がかかっているなんて

 中央神殿の者達の言葉を思い出したディートリンデは、「困ったこと」と溜息を漏らす

考え事をしているために書類にサインをする手が止まっていて、傍らでサインの終了を待つ文官が「困っているのはこちらです」と思っていることには気付きもしない

「……え?」 突然ざわりとディートリンデの腕に鳥肌が立ち、背筋がぞわりとした

風邪で体調を崩した時の悪寒が一番似ているが、ディートリンデは体調を崩しているわけでもなければ、夏が近付いている今、寒かったわけでもない

 ただ、その悪寒と同時に境界門という言葉が脳裏に閃いたことで、ディートリンデには何が起こったのかわかった

アウブの許可を得ずに境界門へ押し入ろうとする者がいる

あなたも好きかも:パチンコ 女性 ライター
礎の魔術に魔力を供給している領主一族だけに感じられるものだった

 アウブ・アーレンスバッハの死後、アーレンスバッハ側から境界門を閉じることができない

あなたも好きかも:パチンコ 勝ちまくり
そして、門を守る騎士から何の連絡もないままに侵入が可能な門は、アーレンスバッハに一カ所しかない

海の上にある国境門と連なっている境界門だ

「すぐに自室に戻ります

マルティナ、騎獣服とヴェールの準備をお願い

境界門の様子を見なくてはならないようです

側近達を集めてちょうだい」 コトリとペンを置いて、ディートリンデは立ち上がった