スロット スト2 天井

スロット スト2 天井

嘲るでもなく、見下すでもなく、あいつの目は珍しく真剣に細められていた

 サウルは伐剣を地面に突き立てて、片膝をついた

「最初からこうするつもりだったんだろ」とあいつは言った

あなたも好きかも:ワイルズ・ゴーン・ワイルド
「やってくれたぜ、全く……てっきり、戦ってる最中に野郎ごと俺を刺しにくると踏んでたんだがな

あなたも好きかも:お買い物マラソン スロット
こんな形で裏切られるとは思ってなかったぜ」 ダリアは絞り出すように笑い声を漏らした

確かに、サウルの口から「裏切る」なんて言葉を聞いたら、笑わずにはいられないさ

「最初から死ぬ気だったな、お前」 ダリアは、静かに頷いた

「お前みたいな輩《やから》がのさばってるのが、今の世界だ……いつまでも、おれがおれのままでいるのは無理だって……それくらい分かってるよ」「そうかもな

俺が言うのも変だが、そりゃあそうだろうさ

あなたも好きかも:坂出 パチンコ 評判
お前は上手くやった方だ」 けどな、と言いながら、あいつはダリアの頭を掴んだ

俺は止めようとしたが、むしろダリアの方から首を突き出して睨み返した

「世の中、結局生きたもん勝ちだぜ

お前は俺を出し抜いたかもしれないが、それで競争から転がり落ちたんじゃ世話ねぇよ

 お前の負けだ

死んでいく奴は皆負け犬だ」 血混じりの唾が、サウルの頬を打った