エヴァンゲリオン 最新台

エヴァンゲリオン 最新台

俺の全身に一斉に鳥肌が立ってそして悪寒が駆け巡り始めた

忘れていた、この感じは……

あなたも好きかも:ひぐらし パチンコ you
「ど、どうしたんですか?」ミラムーンが震えている俺を心配してくる

俺は瞬時にその場から数百メートル後退した

「あ、あの能力は、間違いなく ナーニャの物質を変える力でゲス……」「えっ、ナーニャさんと同じ力なんですか?」「わっ、わからないのは 俺はドゥギなんちゃら人の身体なのに なんで悪寒が……」そう呟いていて次の瞬間には俺は異様な人物の目の前に立っていた

「えっ……?」戸惑った数コンマ後には俺は飛び上がって、両腕と両足を丸めガード体制になっていた

前方から猛烈な打撃でも斬撃でもない"歪み"の波が襲ってくる

空間そのものがでたらめに歪みまくり、俺を潰そうと、押し開こうとあらゆる角度から波のように流れて通り過ぎていく

背中に張り付いているミラムーンを気遣う余裕はないが前面には当たらないような角度でガードし続けていると「ああ、パージャリーの能力か

あなたも好きかも:盛岡 スロット ヒッツ 閉店
 少し猶予を与えるので その子を遠くに降ろしてきなさい

あなたも好きかも:pc オンライン麻雀
 私には、その子の能力は意味がない」歪みの波が一気に止まった

俺がハッと背後を見るといきなり無傷のミラムーンが空中に現れる

とっさにキャッチすると「あ、死んでいたようです」ミラムーンが呆けた顔で言ってくる

「ミラムーンさんを避難させるように 言われたでゲス

 俺と一対一で闘いたいそうでゲス」「……わかりました」ミラムーンは納得した顔で頷いた

異様な風体の人物に一言断りミラムーンを抱え、全速力で彼の逆方向へと走っていく

十数キロくらいは離れたところにミラムーンを置いて「あの、もっと離れた方がいいかもしれないでゲス

 あの人物、距離や空間を自在に操れるみたいで さっきも一瞬で引き寄せられて 攻撃を受けたでゲス」「そうだったんですか