カジノ 青少年

カジノ 青少年

「その言葉からするに、貴方は僕よりもこの世界に詳しいと見受けられます

知っている範囲で構いませんので、ある程度の事を教えてくれませんか?」『うむ

相分かった

あなたも好きかも:パチンコ 目覚まし
なら──』 それから、ドラゴンはマルスに自分の知っている事を話した

この世界について知っている大凡《おおよそ》の事

あなたも好きかも:ゴールデン・タイヅ
そして敵の存在など

その他にも多数あるので、話終える頃には数十分程経過していた

それを聞き終え、ある程度の事を理解するマルス

「成る程

僕たちが普通に過ごしている時にその様な事になっていたとは……

有難う御座います、ドラゴンさん

それならば他の兵士たちが居るかもしれません

僕たちも探してみよう、ヴィネラ」「……

あなたも好きかも:サッカー勝敗予想
うん」 ドラゴンたちを前に、マルスの後ろに隠れながら頷くヴィネラ

普段は明るい性格だが、まだまだ子供である

ドラゴンたちを見ると、怪物や化け物のような感覚なのだらう

『怖がっているみたいですね……なら、この姿になれば如何でしょう

ほら、私の胸に飛び込んできてください」 そんなヴィネラを見、心配になったフェニックスが人化して話し掛ける

不死鳥にして、慈愛を与えるフェニックスは、幼いヴィネラが心配なのだろう