ブラックジャック アニメ 写楽

ブラックジャック アニメ 写楽

「……アギト

ほら……いつもみたいに撫でて……? いつもみたいに…………私を……」「…………ミ……ラ……?」 彼女は僕の手を握って頰をすり寄せた

いつもの様に、と

レヴの言葉が脳裏を過る

あなたも好きかも:パチンコ 動画 新台入替
彼女にとってそれは何か重要な意味があるのだと、そう言われたのではないか、と

親指に触れた涙に僕はそんなことを思ってしまった

あなたも好きかも:スロット アスラズラース 曲
「————嫌だ——っ‼︎ 嫌だ嫌だ——嫌だ——ッ‼︎ もう……もう何も…………」「お、落ち着けミラっ! 大丈夫だ……幾らでも撫でてやるから——」 僕の体はあっさりと押し倒された

あなたも好きかも:ルーレット 勝率
少女の姿を映していた筈の視界は黒ずんだ天井だけを切り取って、自分の上に震えているミラの体があるのを理解したのは彼女がまた叫びだしてからだった

「アギト——っ! 私に触れて——っ! 私を呼んで私を愛して————ッ‼︎ 誰のとこにも行かないで……っ」 いつもとは違う

いつも通り——体重を預ける様に彼女は僕に抱き付いて啜り泣いた

いつもとは違って、いつも通りに彼女は振舞っている様だった

それに僕は違和感を感じて……いつも通りに見えることが余計に違って見えた

「……アンタは私の…………私だけの居場所でいて……っ

嘘でも…………いいから…………」 消え入る様な声でミラは懇願する

震えるその体を僕はいつも通り——いつもとは違って、抱き締められなかった

頭を撫でて慰めるだけのことが出来なくて、小さな体を抱き寄せるなんてことも出来なくて

いつも通り、わがままで甘えん坊な彼女を受け入れたのに……っ

いつもの様に振る舞えないのは、その違和感が原因なんだろうか

それとも…………っ