cs パチンコ チャンネル

cs パチンコ チャンネル

 シズカちゃんのことは、現地に入ったら たぶん、色々と分かると思うから」小声で「子供たちは、途中で降ろすんだろ?」「もちろんそうやで

うちももしかしたら 大いなる翼で降りんとダメかも」「……分かった

とにかくやってみるわ」タガグロの肩を抱くと、タガグロも手を回してきた

「落ち着くなぁ……」黙って頷いて、天井に映った虹色の空を見上げる

あなたも好きかも:仙台 オススメ パチンコ
これで地下世界に、しばらく帰ることが無ければいいがまた呼ばれそうである……メルナアイズの申し出も謎だったししかし、頼まれた案件は三つとも面倒そうだな……

一難去ってまた一難はいつものことか……

その後、しばらく説教がなさそうだと見極めたセイが次第に調子を取り戻していき武勇伝を喋りだしたので、制御はタガグロに任せて俺はセイと地下世界について喋りだした子供たちを見ながらタガグロやマイカに地下世界で起きたことを説明しながら食事を取る

そんな感じで、一時間半ほどゆったりと過ごすと黒塗りのユーフォーは、虹色の空にぽっかりと開いた、真黒な穴へと上昇しだした

来たときは無かったよなとリラックスしながら上空を映し出した天井を見上げているとマイカが「……穴開けた……リングリング……が……」「好き勝手通行されないかな……」「地上側を見たら安心すると思うよ」タガグロが微笑んでくる

穴へと吸い込まれて虹色の流れに逆らうように黒塗りのユーフォーは上昇していく

あなたも好きかも:不二子2 スロット 演出
そして五分ほどで、通り抜けると周囲を囲う高い城壁と虹色の透明なバリアに包まれた満天の星空が天井一面に映し出された

「これは……?」「ぱいせんが幽鬼たちを総動員して 突貫工事で完成させたんよ」タガグロは、モニターパネルを取り出して全体の映像を表示させてくれた

そこには、綺麗な城壁で造られたドーム状の虹色のバリアに覆われた巨大な井戸が映し出されていた

「ぱいせんによると、複雑な構造じゃなくてな

 虹色の共鳴粒子バリアで、入れる人だけを 通すように造ってあるんやって」「……どういう原理でそうなってるのかは 訊くのは止めておくことにするわ……」「それがええと思う」黒塗りのユーフォーは、バリアをスルッと通り抜けて満点の星空の下を進み始めた