滋賀 ばくさい パチンコ

滋賀 ばくさい パチンコ

 彼女のことを考えたのとほぼ同時、バーンと扉を勢いよく開けて入ってきたのは、偶然か必然か? まさにそのお友だちだったりする

あなたも好きかも:ケンシロウ ラオウ パチンコ
「ねえ、シェーラ、聞いた? もう大変なことになったんだから!」 ひと目見ただけで、ひどく興奮しているのが分かる

顔を紅潮させ、その藍色の瞳を輝かせているからだ

 大変といっても、きっと良い方の大変だろうとシェーラは見当をつける

まだこの国に来て日は浅いが、彼女のこんなに嬉しそうな姿を見るのは初めてだったから

「そんなに興奮されてどうしたのですか? テティスさま」    同じ王女ではあるが、ひと回り近く年上の彼女は、友だちとはいえ姉に近いので、自然と敬語になってしまう

ただ、夢見がちの彼女とシェーラはとても馬が合い、すぐに仲良くなったのだが

「ふふん、聞きたい? 聞きたいわよね? 良いわ、特別に教えてあげる

あなたも好きかも:スロット 8000枚
私たち親友ですもの」 いつの間にか親友に格上げされているシェーラの隣に腰掛けると、ヒソヒソ声で告げる

『いま、アビスに英雄さまがいらっしゃっているらしいの』「え? 英雄って、あの異世界の?」 思わず声のトーンが上がってしまうシェーラ

 エメロードラグーンでも、異世界の英雄はとても人気がある

外部との交流がほとんどないだけに、崇拝されていると言っても良いレベルだ

当然シェーラも例外ではない

「そう、それでね、その英雄さまが、今、お父さまと会ってるらしいの!」「うわあ……お会いしてみたいです……」 目を輝かせるシェーラだが、なぜか不機嫌になるテティス

「そうなの、私もお会いしたいって頼んだのに、駄目って言うのよ! 信じられる? 本当にお父さまってば許せないわ!」 これ以上ないほどのため息をつくテティス