顎外し パチスロ

顎外し パチスロ

 唖然として事の成り行きを見ていたハロルドは、ハッと表情を変えて空中に投げ出されたサムソンの手を取った

「ハァ、ハァ……助かった」 荒く息をしつつサムソンが笑う

「これからどうするでござるか」「方角はこのままでいい

あなたも好きかも:スロット 設定6 グラフ
どうしても誤差は出るから、ハロルド……氏は、周りを見ていてくれ」「心得た

だが……」「どうした?」「大丈夫でござろうか

あなたも好きかも:花火 スロット 設定差
先ほど、祭壇を襲った魔物、あれは統率が取れていたでござる」「あぁ……信じるしかないぞ」 サムソンは言いながら、箱からパソコンの魔導具を取り出し、再び操作を始める

 ハロルドは剣を肩に乗せ、辺りを真剣な表情で見回す

 高速に飛行を続ける飛行島の上で、吹きすさぶ風だけが鳴る静かな時間がすぎた

「しまった!」 無言の時間はサムソンの言葉で終わる

「如何した?」「誤解していた

時間じゃなかった」「どうしたでござる」「使った魔力量だったんだ

命約がゼロになって、そこから……クソッ」「だから、一体、どうしたでござるか?」「悪い、ハロルド氏

あなたも好きかも:スロット g1 シナリオ
俺には時間が無いらしい

あと……」「危ない!」 サムソンが何かを言いかけたときのことだ

 ハロルドが剣を振るい、サムソンを庇った

『ギャリリリリ』 金属同士が擦れる音を響かせ、ハロルドの剣が火花を散らす