パチンコ ファン 感謝 デー 神奈川

パチンコ ファン 感謝 デー 神奈川

没入すればするほど主人公に愛着が湧いてくるのです

 どうしても隠しておきたいものがある

それが小説の根底に流れる最重要なことなんだ

あなたも好きかも:壬生 パチンコ
 書き手がそう思うのでしたら、主人公の心からそういったものをいっさい無くして「まったく知らない」状態にしてください

 主人公が心の底から「知らない」と言っているのですから、読み手も「知らない」状態を共有できます

そして物語が佳境(クライマックス)を迎えたとき、それまで「出来事(イベント)を起こして」いた「なぜ」が明かされるのです

 知らなかった主人公も驚きますし、シンクロして読み手も驚きます

没入していなければこうはなりません

あなたも好きかも:パチンコ おすすめ台 9月
 しかしそのような「なぜ」の答えは本当に物語の根幹を担っていますか

あなたも好きかも:遠隔操作 スロット
そう考えれば、やはり「なぜ出来事(イベント)を起こしたのか」を主人公が明らかにすることに理がありますよね

なぜ出来事(イベント)が起きたのか では「なぜ出来事(イベント)が起きたのか」のほうはどうでしょうか

主人公が出来事(イベント)に巻き込まれるタイプです

「出来事(イベント)が起きた」の「なぜ」は主人公にはわからないから読み手も知る必要がない

だから「なぜ」を書く必要がない、というわけにはいきません

 読み手は主人公の心に没入していますが、読み手自身のことのように主人公の心配もまたしています

そこで本来「主人公にはわからない」情報でも読み手に開示してみましょう

 するとどうなるか