リゼロ スロット ゼロボ

リゼロ スロット ゼロボ

その港街を守り手とした小さな国が滅びたのは、その三日後のことだった

フエルの山の南方

 エルが残した熾火のそばで男は困惑していた

 彼女が座っていた位置にいま別人がおり、熾火に吊るした鍋を設置し、中身の煮た汁を老人が碗に啜っていた

 男は声を何度かかけている

あなたも好きかも:スロット 毎日
 だが、老人はここへ足を運ぶや、男へ許可を求めるわけでもなく勝手に鍋汁を拵えて食事を始めた

あなたも好きかも:パチンコ ボロ負け日記
 会話は一切発生していない

 今も汁を飲み干して満足気に息を吐く

 その間も男を一瞥もしない

「あ、あの」「ぷはぁ」「…………ここへは何用で?」「んぐ、んぐっ」「ちょ、すみません」「あぐ、もぐ」「えぇ……………」 男は心底から困り果てていた

 老人はただ食事を続ける

「お、山が燃えとる」「え?」 徐に老人が顔を上げてつぶやく

あなたも好きかも:三軒茶屋 スロット
 男も驚いて山の方角を見やると、坑道のある山が黄金色に燃え上がっていた

 空の一角が照らされるほど烈しく燃え上がっているが、山以外に延焼する様子は無かった

老人と二人で黙って見つめる間も燃え続ける

 その後

 火はおよそ半時は山を焼いた