パチンコ 工場

パチンコ 工場

木々が魔物なのか、木々に寄生し木々を利用している魔物なのか、はたまた木々自体を依り代に別存在として成立しているのか、また何らかの特殊な生態で今の姿をしているのか

それらはわからないが巨木と何らかの関係があるのか、それとも彼らの中では巨木が信仰対象とでもなっているのか、近づこうとする公也たちに攻撃する意思を見せている

「けっこう厄介だな」「いや、これどうやって操作しているんですかね?」「成長促進の利用

あなたも好きかも:オンラインゲーム 頭を使う
方向性の制御……できるかはわからないけど、そうしている可能性が高い

あるいは意思疎通で成長方向を指定しているとか……」「なんにしても排除すればいいのです

そこまで大きな脅威にはなっていないですし」「毒はダメ?」「ダメだ

あなたも好きかも:パチスロ リール制御 プログラム
森の中で毒をばらまくのはちょっとな

自然に淘汰、分解されて消えるとは思うし、自然と薄まるものとは思うけど下手な脅威をばらまいて被害を増やすのは控えたい」「はい、わかりましたわキイ様

なら私は側で大人しくしてるね」「そうしてくれ」 攻撃する意思を見せているが、木々の魔物たちはそこまで攻撃的な攻撃ができていない

例えば木々の魔物たちがその肉体である木々、樹木を攻撃に転用するといったこと

いわゆるトレントのような木の姿をした魔物が枝や根っこを手や足などに見立てて攻撃するようなやり方を彼女らはしてこない

あなたも好きかも:eva スロット
果実を飛ばしたり、樹液を飛ばしたりそういったこともしてこない

彼女らがしてきたことといえば蜂の時もそうだが歌による攻撃、その歌自体に攻撃手段はないが歌を歌うことに伴った作用による攻撃である

 蜂たちの存在はすべて排除……すべてはまだ排除していないかもしれないが大元ごと周囲の蜂の魔物たちは殲滅していることもあって歌での誘因はほぼできなくなっている

できてもその数は少ないし公也たちにとっては倒せるレベルで脅威にはならない

しかし彼女らの歌はそれだけの効果を持つものではない

そもそも蜂たちが寄ってくるのは歌によりそこに何かがいることを蜂が理解して近寄ってくるからであり、歌そのものに蜂への干渉や誘因効果はない