アモーレ パチンコ屋

アモーレ パチンコ屋

考助達がアルキス神殿の蔵書を調べ始めてから既に五日が経っていた

 その間、何も成果が無かったわけではなく、むしろ逆だった

 五日目の夜

 宿の部屋でその日の結果のすり合わせをしていた考助達は、一つの結論に達していた

「これはもう確定だろうね」 考助のその言葉に、全員が頷いた

 昨日あたりからは、町の事ではなく神殿に限って調べていた

あなたも好きかも:パチスロ 動画 木村 魚拓 youtube
 その効果がどう考えても、ヴァミリニア城と同じような効果になっているのだ

あなたも好きかも:スロット まごころを君に2 天井
 考助が町に来て感じた直感がまさしく当たったという事になる

 教会側にしてみれば、神与物である神殿の効果を権威として知らしめるために蔵書として残していたのだろうが、それが仇になったことになる

 流石に、アルキス神殿と同じような効果を持つ建築物が他にもあるとは考えていなかったのだろう

 あるいは、ヴァミリニア城の事は知っていても、既に失われていると思い込んでいたためその時の神官たちが気にせず残したという事も考えられる

「だが、どうするのだ? いくらヴァミリニア城と同じ効果とは言え、プロスト一族が関わっている証拠にはならないぞ?」 プロスト一族の誰かを発見できるとか、ヴァミリニア宝玉のような物が見つかればいいのだが、流石にそこまでは発見できていない

 そもそも考助達の目的は、プロスト一族がいるかどうかの確認であって、過去の事を穿り返したいわけではない

あなたも好きかも:カジノ お金
 蔵書を調べていた時もプロスト一族の事を記したような書物は、結局発見できなかったのだ

「うーん