プライベートアドレス オンラインゲーム

プライベートアドレス オンラインゲーム

平均的な人間の持っている感情の幅に収まるのが主人公の正しい書き方です

あなたも好きかも:オンラインゲーム ヤンキー
喜怒哀楽の明確な主人公は、それだけで読み手の心をつかみます

 だからこそ小説投稿サイトでは、いずれかの作品で共感された登場人物の感情が、あっという間に他の書き手へ拡散し、同じような感情ばかりであふれてしまいます

 たとえば憤っている感情が衆目を集めたら、他の書き手たちはこぞってキャラが憤っている展開を書くのです

 注目を集めるためならなりふりかまわず流行りを追うのは一概に悪いとは言えません

あなたも好きかも:ラムクリ パチンコ店
ただ同じ感情だらけになってしまうと読み手が食傷ぎみになります

皆様も読んでいてつまらなく感じてしまいませんか

あなたも好きかも:パチンコ やる人 特徴
 だから物語を流行りだけで展開させると、評価されづらくなります

 あくまでも当初の「プロット」どおりに展開し、そのときどきでふさわしい感情の発露を読ませるべきなのです

 そうであれば、キャラの感情の動きに「共感」を覚えてもらいやすくなります

つまり感情移入させやすくなるのです

「感情移入」つまり読み手が主人公に「感情を移し入れら」れれば、その先がよほどおかしな展開でないかぎり親しみを覚えます

最後に 今回は「共感という面白さ」について述べました

 読み手として小説を読むと、「こういうのわかるなぁ」とつい思ってしまうような表現を目にしませんか

 それが「共感による面白さ」です

 納得できる表現に出会うと、読み手は作品に惹き込まれていきます

あとは最後まで読み手が納得できる表現を書き続けられれば、多くの方から評価される作品になるのです