戦国basara2 スロット 解析

戦国basara2 スロット 解析

 ったくこらえ性のない、と呟かれた言葉は聞こえなかった

あなたも好きかも:結城友奈は勇者である スロット 開始画面
「――そこで何をしている」 広場の入り口付近から堂堂とした足取りで男らしき人物が来た

体をボディスーツで覆い、ヘルメットで顔も隠しているため口元しか露出していない

また全身からは大小のケーブルが出ており、それは隣を歩く二メートル強はある人型の機械と繋がっており、男性の動きに同調するように動いている

 その機械の胸元付近には、勲章のような模様が描かれていた

「答えろ」 エリア警備ではなく、統合管理部の人間だとわかる

ここ、アルケミ工匠街を統括している部署の治安維持担当だ

さてどうしたものかと思っていると、彼女は首を傾げながら近づいていく

なんだか面倒なことになりそうだ――が、お手並みを拝見といこう

「ここは、何かをしてはいけない場所なのかしら?」「いいや、そうではない

だが内容によっては取り調べを受けてもらう」「なるほど

あなたも好きかも:パチンコ マクロスフロンティア4 カスタム
それは自己申告で構わないのかしら

あなたも好きかも:パチンコ クロユリ
だとすれば私はここで何が起きていたのかを調べていたとしか答えられない」「何故だ?」「その問いが私の自己申告に対してのものならば、街に入ってすぐの広場に小さな残骸が散らばっていれば、それが何かを調べることで少なくともこの場で何が起きていたのかを知ることができ、それは私の好奇心を埋める行為に当たるから」「では、問題を起こしていないと?」「それが街の規則に基づいた違反、という意味ならば肯定はできない

もしもこの街に、私が自己申告した内容が違反となる規則が定められていたのならば、私はそれを知らずに行動したことになるわ」「……」「逆に問うけれど、答えろと言ったそちらには、ここで私が何をしていて、何が起きていたのかを知らないと捉えて構わないのね? そして一見して私が問題を起こしているように見えたと、そう受け取っても?」「……そうではない、そうではないが」「ないが、何かしらの問題が起きていたのならば対処する必要がある――そう言うのならば、まずはどのような問題がここで発生していたのかを明確にしてから問うて

すべてが私の自己申告に過ぎないのならば、あなたが下す判断のすべては私の証言に左右されることになる

それはまるで信憑性がなく、だからこそ逆に拒否権が発生すると考えるのはおかしいかしら?」「いや……」「見ての通り私に抵抗する意志は一切ない

それでも取り調べたいならどうぞ、質問を重ねなさいな