カジノ 神戸

カジノ 神戸

 脳や目、臓物に骨は身体の中に仕舞われ、辺りに飛び散っていた血液も戻る

みるみるうちに元の身体を形成し、最終的には全ての傷が癒えた

「ふふ、やれやれ……何時まで驚いている……広い世界だ……不死身の肉体を持つ者など星の数程おるだろう……」 バサッと傘を開き、クルクルと回して年相応の笑みを浮かべるエマ

 傘を開いた理由は二つ

相手に威圧感を与える為と、多くなりつつある日光を受けない為である

あなたも好きかも:パチンコ ライオンズ
 エマの浮かべるその笑みは美しく可憐だが、何処か恐怖と焦燥《しょうそう》を感じさせられる笑顔だった

「不死身の肉体だと……!? まさかオマエ……ヴァンパイアか……!?」「ヴァンパイア……!? いや、不死身の肉体って意味ならレヴィアタンやフェニックスが人化した姿って線も割りと有り得るぞ……」 完全に戻ったエマを見、驚愕しながら言い合うクロウとレイヴン

二人は不死身という言葉を聞き、ヴァンパイア、レヴィアタン、フェニックスのような不死身の身体を持つ何かしらの生物と推測する

エマは弱点を知られると厄介なので、敢えて自分の正体は名乗らなかった

「ふふ、自由に想像しろ……私が不死身という事を覚えていればやりようはあるだろう?」「「……!?」」 刹那、エマはクロウとレイヴンから姿を眩まし、一瞬で二人の前に躍り出た

あなたも好きかも:スロット 払い出しとは
 二人は反応しきれず、エマの拳を顔に受ける

その衝撃で吹き飛び、廃樹の壁を幾つも砕いてその場から離れた部屋に飛んで行く

 エマは二人を纏めて殴ったが、殴った方向は横である

正面は外に続いているのだが、外には大量の太陽光がある

なので横に吹き飛ばし、太陽を受け難《にく》い場所に移動させたのだ

「……ん?」 その瞬間、再び外から矢が飛んで来た

 その矢は五本程あり、それぞれがエマの頭、肩、腕、脇腹、脚へと刺さって出血する

 横を向いていたので全部半身に刺さったが、この程度の攻撃ならば痛みは少ない