モンスト ぱちんこ

モンスト ぱちんこ

「あらすじ」できちんと「主人公の特異性」を書いておき、それが発揮される出来事(エピソード)にも言及しているのなら「十回」くらいは待ってくれる

あなたも好きかも:松戸 パチンコ 屋
「主人公の特異性」だけが記されているのなら「三回」くらいでしょうか

仏の顔も三度までと言います

読み手が広い気持ちでいてくれるのも「三回」までです

 連載初回から「特異性」を発揮する出来事(エピソード)があればなおよい

 あなたが人気のある書き手ならば、スロースターターでも読み手はついてきます

 もしその小説投稿サイトでは駆け出しならば、スロースターターだと初回で切られるのです

初回に状況設定しか書いていない

これでは続きを読む気になりません

あなたも好きかも:四ツ木 パチンコ
 駆け出しならなおのこと初回で「主人公の特異性」を発揮させるべきです

それで読み手に「この出来事(エピソード)、面白い!」と思ってもらえたらしめたもの

 もし初回で「主人公の特異性」をきちんと描いたのにブックマークが一件も付かなかったらどうするべきでしょうか

「あらすじ」にも「主人公の特異性」を書きましたか? 本文を読んでから「主人公の特異性」を見せてびっくりしてもらいたい

 そんな思惑で「あらすじ」に書かないなんてありえません

「あらすじ」は「特異な主人公」が「どんなことに挑む」のかを書かなければ意味がないのです

読み手を惹きつける「主人公の特異性」と「どんなことに挑む」のかが書いてあれば、初回の閲覧数(PV)は確実に稼げます