パチンコ 新台 花の慶次3

パチンコ 新台 花の慶次3

わたくし、オルドナンツでの報告も受けておりませんよ」「……シュバルツとヴァイスを動かしたことがヒルシュール先生の手を煩わせるような事態だとは思わなかったもので、報告義務があるとは全く考えていませんでした」 ヒルシュールのどことなくわくわくしている紫の瞳を見る限りでは、寮監として事態を把握しておきたいというよりも、シュバルツとヴァイスを研究したいという方が正しい気がする

 新しい主として、わたしがシュバルツとヴァイスを守らなければならない

「シュバルツとヴァイスは図書館から出しませんよ」「……主と一緒ならば出られるでしょう?」「ヒルシュール先生に分解されそうですから嫌です」 わたしが目を細めて睨むと、ヒルシュールが「あら、嫌だ」と笑みを浮かべた

「分解だなんて、人聞きの悪いことをおっしゃらないでくださいませ

少し服を脱がせるだけですわ」「……ヒルシュール先生には魔術具の服を脱がせる趣味がおありなのですか?」 変態か、とわたしが警戒心を強めると、ヒルシュールが苦い表情になった

あなたも好きかも:東京 スロット エックス
「わたくしは専ら魔術具を作っている教師ですよ

製法が伝わっていない魔術具について詳しく知りたいと思うのは当然ではありませんか

わたくしが知る限りの情報では、シュバルツとヴァイスは服に覆い隠されている部分に製法に関わるものがあるようです

それをこの目で確認したいのです」 先生らしいキリッとした顔で言っているが、つまり、脱がしたいだけである

あなたも好きかも:大正 平尾 パチンコ
わたしの心配は当たっていた

「わたくしには主としてシュバルツとヴァイスを守る義務があります

あの子達がいないとソランジュ先生の図書館業務は大変なのです」 ヒルシュールが目を細めて、細い眉を歪める

そして、神官長が考え込む時によくしているように、指先でトントンと軽くこめかみを叩き始めた

 ……神官長は多分ヒルシュール先生の癖が移ったんだ