コードギアス スロット r2 レギュラー

コードギアス スロット r2 レギュラー

 もちろん外部からの影響を遮断したからといって、不変なマナが枯渇するということはない

「それでも、枯渇している影響が表面化しているということは、何者かが意図的にマナの流れを操作しているに違いないわ」 というのが、ナターシャが出した結論

 このままバスカルを放置していては自分たちの命だけではなく、エルドラドに生息しているすべての生き物が死に絶える危険性があることが示唆されたのだ

「それにしても、この城のことを詳しく知っているユーイやヴィクスがいるとはいえ、こんなにあっさり潜入できていいのか? 無駄な時間ができなくて助かるが……罠とか――」 一斗は王都の潜入があまりにも上手くいきすぎたことに逆に不安を感じている

 確かに城門や城下町には何人も見張りがいたが、まったく気づかれる様子がなかった

あなたも好きかも:柏 パチンコ 屋
「それはないぞ、一斗よ

あなたも好きかも:スロット 貯メダル 万枚
ここまですんなり進めたのは妾が持っているこの双剣<大喬(だいきょう)・小喬(しょうきょう)>の能力<魅了(テンプテーション)>のおかげじゃ」 ユーイは懐から双剣を取り出した

「能力の名前からだいたい効果は察することができるが……一体どんな効果があるんだ?」「なぁに

妾の周囲にいるものを妾の虜にして操ることができる効果じゃよ」 言いながらユーイは双剣を自分の胸元前で交差させると、そこからマナが放射状に放出されているのを一斗は感じた

 今回ユーイは薄手のマットレザーを着用しており、その上に上下離れた水色をベースとした花柄の衣装を着ている

 隠密としての行動が多かったユーイは動きやすい格好を好み、必然的にティスティにも引けを取らない抜群のプロポーションが露出されることになる

 その姿だけでも魅了されそうになるわけだが、立ち振る舞い一つ一つも華麗でついつい同性のティスティも見惚れてしまうこともあるくらいだ

「やっぱりね……って、周囲ってことは俺やティスも含まれている――」「シー、一斗

大声出すと気づかれちゃうよ」 ユーイがさも当然かのような発言に素で驚きの声をあげてしまった一斗は、途中でティスティの手で口を塞がれた