明日 イベント スロット 神奈川

明日 イベント スロット 神奈川

要するにいつぞやの"マレカ・アースィマ"の幹部かその側近って事かな……」 ヴァイス、シュヴァルツ、グラオが連れた兵士達

その兵士達との因縁があるのは王政の街"マレカ・アースィマ"の者と言う事になる

あなたも好きかも:ラッキー・ジェムズ
 そこからグラオはそう推測した

「ああ、多分だが"マレカ・アースィマ"の幹部かその側近……強さは俺たちと同じくらいか俺たちよりやや劣る……ま、誰なのかまでは分からねェけどな」「……その分、十中八九"マレカ・アースィマ"の者達が幻獣の国に手を貸しているって事は分かるね……」 グラオの推測を聞き、それに同意するよう頷いて返すゾフルとハリーフ

 魔族の国、幹部の側近だった二人が言うのならば先ず間違いないだろう

 今この国に、魔族の国から手助けする者達が来ていると言う事だ

「ふむ……それは中々面倒かもしれないな……それを筆頭に他の魔族達も来るかもしれない……全て倒せれば二つの国を同時に手中に収める事が出来るけど……支配者が厄介だ……」「そうだね……私には支配者をどうにか出来る力が無いよ……?」 その可能性を考慮し、悩むように呟くヴァイスとマギア

 ヴァイス曰く、魔族の国は四つ国で一番レベルが低いらしいのだが、それは幹部達の総合力についてだ

 支配者だけで言えば確実に上位争いをするだろう

 ヴァイスの中では幹部を含めた組織力で評価しているのだが、個人力だけなら間違いなく魔族の国の支配者は上に位置する

あなたも好きかも:カジノ 税収効果
「ククク……まあ、そうなっても良いだろ……いざと言う時はバロール以外の秘密兵器もある……そして魔族の国の最高戦力が全てやって来る前に幻獣の国を終わらせりゃ良いんだ……」「ああ、その通りだ

シュヴァルツの言う通り……俺的にも多くの強者と戦《や》り合えるのはありがたい……!!」 思考するヴァイスを横に、シュヴァルツとゾフルが笑いながら話す

 二人は強者と戦えればそれで良いと言う考えなので、逆にこの状況が楽しいのだろう

「そうそう、ヴァイスにマギアはは少し考え過ぎさ……その時はその時で楽しもうじゃないか……」 二人に続き、グラオも笑いながら話す