スーファミ パチンコ物語

スーファミ パチンコ物語

あの血は、………恐らく、向こうの木の上にあるラファエルさんのお食事のものかと」「……君は怪我をしていないんだな?」「はい

あなたも好きかも:パチンコ 八戸ノ里
ラファエルさんを捕獲する為に、後ろ向きに尻餅をついたくらいですよ

戦略的なものだけです」「良かった」「ウィリアムさん?!」はーっと深く息を吐いて、ウィリアムはしゃがみ込んでしまった

余程心配してくれたのか、心からの安堵だ

「君は嫁入り前の女の子だから、怪我なんてとんでもないし、……シルハーンが狂乱したら、大変なことになるからな」「嫁入りする自由はなさそうですが……」「……まぁな」そこでウィリアムは、少し前のネアの回答が気になったらしい

あなたも好きかも:p cr パチンコ
「ネア、もしかして雪食い鳥と戦ったのか?」「気が立っていたようなので、懲らしめてやりました」「次回から、すぐにシルハーンを呼ぶこと」自慢げに繰り返したネアだったが、ウィリアムは正しく叱りつけた

狩りの喜びを否定されたネアが眉を下げると、終焉の魔物は困惑顔になる

「………はい」「なんで落ち込むんだ」「私は、狩りの女王としての誇りがありますので、今回の成果には割と満足していたのです」「守りが固い筈なのに、どうして自ら戦場に行ってしまうんだ……」ますます困惑を深めてしまった常識人枠のウィリアムを、これ以上困らせてもいけないので、ネアは落胆を何とか押し隠した

狩りへの欲求は、また別の機会に堪能すればいい

「ところで、私をここに放り込んだ悪い奴はどうしましたか?」その剣呑な声音に、ウィリアムは、手袋をしていない方の手を持ち上げて穏やかに微笑んだ

「安心していい

しっかりと制裁を加えておいた」「……片手だけ手袋がないということが、急に恐ろしくなりました」聞けばアルテアは、怖がらせてやろうと近所の空間から、こちらの様子を見ていたらしい

あなたも好きかも:パチンコ 疲れる だけ
ネアが自力で活路を開いてしまったので、呆れてはいたものの、きちんと回収する意思はあったようだ