天元突破グレンラガン パチスロ

天元突破グレンラガン パチスロ

この世界に来るまでは元々非モテだった俺の心の容量では受け入れられない重さだ

金塊を降ろして、地面へとしゃがみこんでいるとセイと美射が揃って出てきて「おい、タカユキ?頭痛か?それとも 辺境の不味い食い物で、お腹痛くなったか?」暴言を吐きながらも、珍しく心配してくれるセイに美射がニヤニヤしながら「セイちゃん、もてる男の苦悩よ

 私たちを前にして、嫌味だと思いませんかー?」「そうなのか?セイ様もその苦悩は分かるぞ

 エリーアスとか、顔を会わすのも最近まで辛かったからな

あなたも好きかも:あの花 スロット 7図柄
 この魔族国一の美貌に、言い寄ってきた男たちは星の数ほどだしな」「そ、そう言えば、そうだよね……いいなぁ

 私もフェロモン過多の物理体造ってモテてみようかな

 でも今は但馬が居るしなぁ……エネルギーも無駄にできないし……」腕を組んで、謎の思索を始めた美射は見ないようにして革袋を背負って立ちあがると頭上がいきなり暗く陰る

パッと上を見上げると、真っ青な巨竜と、真っ赤な巨竜がゆっくりと地上へと降りてくるところだった

近づいてくると、彼らが誰か分かる

ゴウブとダイゼンだ

あなたも好きかも:パチンコ 牙狼 リーチ演出
しばらく会わなかったが今はここらの竜の元締めをしているはずである

セイから、木片を首にかけて貰いながら見上げていると小屋の周りの切り開かれた所に、二体ともゆっくりと着地をして、俺たちを見下ろしながら「タカユキ様、ようこそ

我らが竜の街へ」声を合わせて、頭を下げてくる

「あ、ああ、久しぶり」どうやら凹んでいる暇はないようである

「お前ら誰だっけ?」伏せて、大きな顔を近づけてきた二匹を見ながらさっそく、忘れていたと告白してしまったセイに真っ赤な鱗に覆われたダイゼンが甲高い声で「ここらの竜族の代表、ダイゼンです