パチンコ 藤丸くん

パチンコ 藤丸くん

セツナのことをひたすら眺めているだけのことが多く、たまに目が合うと、彼女のほうが慌てて目を逸らした

ミリュウの性格が変わったのではないかと思うような日々だった

 それでも、ガンディア軍に所属してもいない彼女が「いやだって、そういうことって……必要なの?」「そりゃそうよ」「えええええ……なんということなの……あたし、あたしはいったいどうすれば……」 ミリュウはへなへなと崩れ落ち、テーブルの上に突っ伏した

あなたも好きかも:パチンコ 転落タイプ おすすめ
直前、ルウファが食器を脇に退去させたのは見事という他ない

さすがは神速のルウファだとセツナは心の中で賞賛した

「さすがは世間知らずなお嬢様ね

普段は全然まったくこれっぽっちもお嬢様らしく見えないのに」「ファリアさん、いま、聞き捨てならないことを申されませんでした? わたくしのどこが、お嬢様らしくない、と?」「いや、こんなときだけ気品を出されても、正直、反応に困るわ」「なによその言い草! ひどい、ひどいわ!」 わめき散らすミリュウと勝利の余韻に浸るファリア

あなたも好きかも:月下雷鳴 スロット 実機
ふたりの仲の良さは、龍府から王都までの道中でより深まったようだった

あなたも好きかも:麻雀ゲーム オンライン
セツナの知らないところで、じゃれ合ったり、喧嘩したり、話しあったり、口論したりしていたのだろう

 元々、ミリュウはファリアのことが嫌いではなかったようだし、ファリアも彼女を嫌ってはいなかったのだ

ミリュウがガンディアに入ると決めた以上、いがみ合う理由はほとんど完全に消え失せている

 仲良くなるのも自然の成り行きのように思えた

「まるで姉妹のように仲が良いっすな」 セツナの隣でルウファがつぶやいたのは、勝ち誇るファリアにミリュウが跳びかかり、それをきっかけとして追いかけっこが始まったからだ

テーブルに取り残されたセツナたちは、食器が床に落ちなかったことにほっとするとともに、子供のようにはしゃぐ女性たちの姿に笑うしかなかった

 子犬のニーウェが、ファリアを追いかけるミリュウを追いかけている

ニーウェもすっかり馴染んでしまった

その名前にも、違和感がなくなっている