パチスロ blood 解析

パチスロ blood 解析

なんだよ?」 壁に背もたれ、腕を組んで待つ洋一に、勝則は「そのぉ……」と少し曖昧に視線を逸らした

あなたも好きかも:コードギアス cc スロット 終了画面
「ちょっと……大介先輩の事で」「大介?」 怪訝に繰り返した洋一に「はい」と頷くと、ササッと周りを確認し、声を潜めた

「誰にも言わないでもらいたいんですけど」「……ああ

どうした?」「……大介先輩って……、矢野さんのこと、ちゃんと好きなんでしょうか?」 真面目に問う勝則に洋一はキョトンとして瞬きを繰り返した

「は? ってなんでそれをオレに聞く?」「あ、一平先輩に聞こうと思ったんですけど、大介先輩と遊んでいるから

あなたも好きかも:スロット 弱虫ペダル 曲
他に近い人って、先輩か、立花先輩くらいだと」「で、それを聞いてどうすんだおまえ」「あ、知りたいのはボクじゃなくて、矢野さんなんです」「矢野が?」「はい

……大介先輩が、自分のことを考えてくれてないって、なんだか拗ねちゃっててですね……」 気まずく首を縮めて答えると、洋一は間を置いて「プッ」と吹き出し笑った

あなたも好きかも:パチスロ 依存症 克服
「なんだよおまえ

間に入っちまったか?」「……入る気はなかったんですけど、矢野さんがかなり落ち込んでしまってたんで

……どうにかしなくちゃって」 分が悪そうに軽く口を尖らせて視線を逸らす勝則に、洋一は笑いながら肩の力を抜き、胸の前で腕を組み直した

「けど、あの二人って付き合ってンだろ?」「ですよねぇ?」 勝則も同調して頷くが、すぐにコロッと態度を変え、怪訝に眉を寄せながら視線を斜め下に置いた

「でも、矢野さんの口調だと、そうじゃない、って感じで……」「は? 違うのか?」 てっきりそうだと――

 そうキョトンとした顔で瞬きを繰り返す洋一に、勝則は「はあ」とため息を吐いて肩を落とした

「ボクにもよくわからないんです……

でも、矢野さんが言うには、大介先輩から……好きだとか言われたこともないって」 困惑げに眉を寄せながら、勝則は再度ため息を吐いて軽く腰に手を置いた

「大介先輩が矢野さんのことを好きだってことが、わからないんですよね……」「そりゃ……一平に聞いた方が早いかもな」 どうも事は深刻そうだ

そう感じた洋一は鼻から深く息を吐き出すと階段の下を見下ろした

「おい生美! 一平を呼んでくれ!」 構うことなく声を掛けると、数秒後、「いっぺーい!! 洋一が呼んでるわよー!!」と、どこかに向かって呼ぶ生美の声が聞こえ、勝則は苦笑して洋一を見上げた

「やっぱり、大介先輩の事は一平先輩に聞くべきですか」「それが確実だろ」 肩をすくめていると「うーっ! ぬくぬくやぁー!」と、一平の声が響き、教えて貰ったのか、すぐに階段を駆け上ってきた