ファイアー フェニックス

ファイアー フェニックス

 現世に存在している考助としては、直接的なことをされない限りは、そうなってしまうのも当然だろう

『ところで・・・こんなに長く話していても大丈夫なの?』『問題ないわよ?』『エリスと違って暇なんだ?』『あ、ひどいわ

そんなこと言うんだ?』 一瞬寒気を感じた考助である

『あ、いや、別にそんな深い意味はないんだけど?』『ほー? そこのところきちんと聞きましょうか?』『かか、勘弁してください』 姿は見えてない(相手は神なので見ているのかもしれないが)はずなのに、思わず頭を下げてしまった考助である

 この辺りが、以前の日本人的感覚を残しているところかもしれない

『・・・まあ、いいけど

私はエリス姉さまと違って、それなりにあいてる時間があるだけよ?』 ジャルの言葉に、何か言葉を返そうとした考助だが、別の声が割り込んできた

『ほほー・・・

それは良いことを聞きました』『・・・わきゃっ!? ねね、姉さま!!!?』『時間があるのなら、私の手伝いをしてもらえますね?』『・・・・・・ふわい・・・

・・・またこのパターン・・・』『自業自得です

あなたも好きかも:ニューギン パチンコ 中川区
そんなことよりも手伝いをお願いします』『はーい・・・』 姿は見えなくても、がっくりとしている様子が分かるような声色だった

あなたも好きかも:上尾 市 パチンコ
『それよりも、ちょうどいい機会です

あなたも好きかも:パチスロ 戦姫絶唱シンフォギア ボーナス確定画面
考助様、神力を使った力の開発をするのは良いですが、焦ってはいけませんよ?』『どういう事?』『神力は魂の力そのもの

変に急いで開発したりすれば、魂そのものが変質する可能性もあります

確か、そういう考察もしていましたね

あれは間違ってはいないのですよ』『・・・・・・やっぱりか

気を付けるよ』『そうしたほうがいいでしょう

本来であれば、長い期間をかけてゆっくりと修行する物ですから