スロット バジリスク3 追想の刻

スロット バジリスク3 追想の刻

たとえ王宮を改修する必要があったとして、エベルの意向が強く反映されるのは当然の話だった

(だとすれば、いい趣味とは思えないな) セツナの感性には合わないというだけのことではあるが

 神意の門から聖王宮へ至る道中、道の両脇にはいくつもの彫像が立ち並んでいた

あなたも好きかも:スロット ま ど マギセリフ
背に翼を生やした美しい女性たちは、いわゆる天使を想起させる

 ミドガルドの話によれば、実際にそれらは神の使いを意味する彫像であり、聖王宮が神の座であることを示しているということだった

あなたも好きかも:名古屋 交換率 スロット
神の座所たる聖王宮へ至る道中に様々な階級の天使たちが整列し、聖王宮を訪れるものたちを見守り、あるいは監視しているのだ、と

 それら天使の彫像には、それぞれ名称がつけられているとのことだが、どうでもいいことでもあり、深くは聞かなかった

 そんなことよりも、聖王宮を神の座所として言いふらしていたらしいエベルの自己主張の激しさのほうが気になった

あなたも好きかも:パチスロ スーパービンゴ ネオ 解析
とはいっても、人間に憑依し、成り代わっていたのだから、どれだけ主張しようと、彼の正体がだれかに露見することなど万にひとつもなかったに違いない

そして、だからこそ、彼はやりたい放題にこの国を作り上げ、この王宮を完成させた

 すべては仮初めの、一夜の夢に過ぎない

 五百年一夜の夢幻

 エベルの目的は、すべてを犠牲にしてでも聖皇を復活させ、あるべき世界へ還ることのみだったのだ